稲刈りもほぼ終わりに近づき、冬の装いを感じることもありますね。実りの秋をお客様と一緒に堪能できました。

杜の風にも新しい有り難い風が吹いています。鎌田薫水先生の素晴らしい琵琶の音色に酔いしれ、高岡修先生の少し難しい俳句の世界に浸り、まさに「芸術の秋」を満喫させて頂きました。

「癒し茶屋」一番癒されてるのはどうも小生のようです。稲刈りの終わった静かな風景もまた心癒されるかと思います。お出掛けなりませんか?鹿児島市内から少し北の奥。スタッフ一同、心より「待っちょいもす」‼️

Tさんの田んぼも終わりました。ご苦労様でした。ご飯、有り難く頂きます。

   
 刈り終えた    田んぼの畦の    彼岸花

                      遅れて咲きて   見れずの葉見る

                                        乗りたかった2000GT店主の一首